忍者ブログ
夏のカヤックフィッシング。
暑いですねー

って、思ってたら寒いです。

もう真夏の服装しかないので、いつもの格好で朝家を出たらあまりの寒さにUターンしてTシャツを一枚追加しました。あんまり効果が無かったけど。

とは言え夏真っ盛りですし、子供も夏休みがスタートして、私もなんとなく気分は夏休み。

そうなると意味も無く海に行きたくなります。カヤックフィッシングも暖かい今のうちにデビュー、って方も多いのか、フィールドでも多くのカヤックアングラーを見かけるようになりました。

暑いけどやっぱり海は楽しいです!

そこで、夏本番を迎えた今こそ自分自身も含めて今一度夏のカヤックフィッシングの注意点を予習。皆さんもよかったらご一緒にいかがですか。

夏といえば海!と言う人は想像以上に多くて、普段は閑散としているフィールドもこれからの時期は大混雑です。特に海水浴場は注意が必要で、朝の出艇時にはいつもの閑散とフィールドもお昼に戻ってきたら、着岸するスペースも無いぐらいの人、人、人、なんてことを経験したカヤックアングラーも少なくないでしょう。万が一、着岸の際に海水浴中の人にカヤックで衝突したり、釣り針が刺さったりしたら互いに素敵な夏の思い出が台無しです。私がいつも通っている内房のフィールドは特に、海水浴シーズンは海水浴場じゃなくても、カヤックが出艇しやすいような場所はどこも同じような状態になることが多いので十分注意が必要です。

具体的には・・・

・海水浴場は基本NG、それ以外の場所でも海水浴で賑わう時間帯は出来るだけ着岸、離岸を避ける。
・着岸、離岸時は仕掛けやルアーなど針が付いてるものは予め沖で仕舞ってから着岸する。
・出来れば竿も仕舞えるなら仕舞う。(とくにドーリー移動中とか)

日焼けは百害あって一利なし(年寄り)&水分、塩分補給も忘れずに。

・よく油断して火傷している人を見ます。日焼けじゃないです火傷です。最近の日光(紫外線)ナメないほうがいいです。長袖、長ズボン推奨。日焼け止めもたっぷり塗ってください。目標マイケルジャクソンなぐらい。
・魚が釣れるとついつい興奮して「真夏の炎天下で激しい運動をしている(普段運動不足な)おっさん」と言う自覚が薄れるときあります。当然熱中症になります。一人で沖で倒れたら死ねます。軽い熱中症でも沖から帰るのはとってもしんどいです。水分と塩分をガブガブ摂りましょう。

夏といえばシイラとか青物。

・なんとなくシイラとか青物とか釣りたくなる季節です。青物は人も魚も大興奮です。想像以上のパワーで、想像以上に暴れます。いろいろと楽しい半面、不意なトラブルが生じたりするので、バーブレス推奨。

以上分かっているのに毎年同じようなミスを繰り返す自分自身と、初めて夏のカヤックフィッシングを楽しまれる皆さんの予習になれば幸いです。

これも気をつけとけ!ってのがあればコメントお待ちしてます。


PR

2011/07/21 22:09 | Comments(0) | カヤックで釣り2011

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<竿とルアー回収器 | HOME | リトルプレゼンツ リトルオーシャン カヤックフィッシングPFD I>>
忍者ブログ[PR]