忍者ブログ
イカレシピ ファイナル。
イカと聞くだけで拒絶反応をしめし始めた家族になんとか認識を
改めてもらおうと、今回はパエリアに挑戦!

日本人はやっぱりお米!プラス魚介のうまみを最大限に引き出す
スペイン人の知恵を拝借して最高のイカ料理を家族に食べてもらおう
とレシピを調べるてみると、サフラン以外は手持ち調味料でいけそう
なので、サフランを嫁に買ってきてもらう。

が、なにか不機嫌な様子でサフランを差し出される。

なに?なんかおれ悪いことした?

もしかして最近エギをすごい勢いで横領してるのがバレた?


冷汗を隠しながら平静を装っていると、

「あとでちゃんとお金頂戴よ!」というので、

なんだよ、お駄賃が欲しかったのか、と思ったらどうやらサフランは高級
調味料だったらしく、高い買い物(数百円だけど)をさせられたことに腹を立てていたらしい。



IMGP0345.jpg嫁の怒りを買ったサフラン。

















IMGP0344.jpgあまりの量の少なさに私の怒りまで買ったサフラン。

















IMGP0342.jpg気を取り直して調理スタート。
タマネギとトマトをオリーブオイルで炒めてタマネギが透き通ったら具の魚介類と怒りのサフランを入れてさらに炒める。

さらにイカの存在を紛らわすため奮発して大きな海老を投入!念のためイカのことをタコ言い張って子供たちを騙す。












IMGP0357.jpg具はそのまま煮込むと出し殻になってしまうみたいなので大海老は取り出して置く。米を投入して適当に煮込む。いい香りがしてきた。

だいたいいい感じになってきたら半生状態で一旦取り出した大海老とイカ(アオリ&モンゴウMIX)をトッピングし、しばらくした火を止めて、さらに蒸らす。そのとき新聞紙などをふたの間に挟むと結露した水分が落ちてべちゃっとなるのを防ぐらしいのでフライパンとふたで新聞紙をサンドイッチして蒸らすこと10分。

完成!

うまそー。





イカ、家族の感想。

嫁:やっぱり私は日本人だから日本料理がいいわ。

子供たち:タコもあんまり好きじゃないかも。

私:美味しいは美味しいんだけど・・・魚介のうまみが最大限に引き出されている=イカを大量投入したので、イカMAXな味。イカはもうイッカ。



PR

2009/06/02 13:21 | Comments(0) | TrackBack(0) | 突撃!釣り人の晩ごはん

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<カヤックで散財。 | HOME | 明日は>>
忍者ブログ[PR]