忍者ブログ
備忘録、お花見カヤック。


何時の話だよってぐらい季節感がありませんが、エロイ人と一緒に行ったお花見カヤック。桜舞い散る中、二人して散った思い出が・・・あくまでもお花見ってことにしておこう。
PR

2011/06/16 22:54 | Comments(0) | カヤックで釣り2011
カヤックと腰痛。
なんかいろいろタイムリーなんでカヤックと腰痛について私見をちょこっと。

じつは私、先日ぎっくり腰を煩いまして、それはそれは大変な思いをし、二度と同じ轍は踏まんと心に誓いましたが、過去にも3回ほど同じ誓いをたててます(笑)

細かいのも入れるとかなりの回数同じ事を繰り返し、腰痛に悩んでしました。

釣りガール:「えーやっぱりカヤックって腰に悪いんですかぁ~」

私:「いい質問ですね」(池上彰風)

釣りガール:「そーですよねぇ~やっぱりあんな重いもの持つと腰に悪いですよねぇ~」

と思うかもしれませんが、思いのほかカヤックを乗り始めてから腰痛が改善されて、ぎっくり腰自体も(カヤック乗り出してからは)今回がはじめてです。

で、原因はたぶん、ただたんに運動不足だっただけ(笑)筋肉付いて改善するんですかね?

けっこう私の周りでも腰痛もちの人多くて、始める前はそれ(腰痛)を心配してたって方多いんですけど、やっぱり、逆に良くなったって言う方も多いんですよ。

パドリングはわりと上半身がメインなんで余計効果があるのかもしれませんけど、詳しいことは分かりません。

ただ、重いもの(カヤック)運ぶし、座ったままで1日海の上だし、始める前は私も腰だけが心配だったんですけど、初めて見てビックリ。どんだけ運動不足だったんだよって話です(笑)

そんなわけで、カヤック(運動)は腰痛改善に良いと思います(あたりまえ?)。
※持ち運び及び、車載は注意が必要。

じゃあなんでお前はぎっくり腰になってるんだYO!って突っ込まれると思うので言い訳しとくと、最近私カヤック漕いでません。いや、正確には手で(上半身使って)漕いでません(笑)もうかれこれ長いこと足漕ぎで、最近はそれすら怠って動力使い出したもんだからか分かりませんけど、先日久しぶりにぎっくり腰になりました(笑)

余談ですが、動力使うと体が冷えるばっかりで、冬は結構しんどいです。天気が悪かったせいもあって久しぶりに凍えました。結果ぎっくり腰です。

もう若くないと思ったことがある方は、動力使う使わないに限らずカヤックの前と後には準備運動をするようにしましょう。

ちなみに、腰痛とは逆に、カヤックはじめると痩せそうですね、って期待してる人多いんですけど、思いのほか痩せません。残念ながら私の周りにはカヤック始めて痩せた人ほとんどいません(笑)

以上、予測と結果は意外と結びつかないって私見でした。

あと、オマケで少し前にくららちゃんがナイス動画をアップしていたのでそれ貼っておきます。私もほとんど同じやり方で車載してます。この方法だと力も余り使いませんし、腰にも優しいです。

私やくららちゃんみたいに色男ゆえに非力な人にオススメです(笑)車載や運搬はコツさえ掴めば余り力は使いません。それでもつらいってひとは迷わず軽量タイプのカヤックを選びましょう。どんなに性能が良いカヤックも水に浮かべなければ性能を発揮できません。水に浮かべる前(&後)に嫌になるカヤックは乗り換える羽目になる(か乗らなくなる)方が多いので、カヤックは購入前に一度現物を見て、持ってみることをオススメします。残念ながらカタログスペックは当てになりませんし、重い軽いはかなり個人差があるので、百聞に惑わされずに、ご自分に合ったカヤックを見つけてください。



2011/03/08 00:18 | Comments(2) | カヤックで釣り2011
フィッシングカヤック フリーダム12+動力。


さて、フリーダム12に動力がつけられる(2馬力(1.5kw未満)なら免許不要)って話を先日池上彰風にご紹介しましたけど、ちょっと反響多くてビックリしました。みなさん案外動力好きなんですね(笑)

先日実際エンジンも試してきたので簡単にインプレします。

先ずはエレキを川で試してきました。エレキはミンコタの46ポンド。結果から言うと快適でした。手首をひねるだけで、全力漕ぎのスピードで移動可能で、音も無くスイスイ。もうちょっとスピードあってもいいかなとも思いましたけど、十分っていえば十分なスピードで、のんびり静かにって言う方には全然ありだと思います。

次にエンジン。2馬力までのエンジンもいろいろあって、どれにしようか迷っちゃうんですけど、個人的にはホンダ2馬力か、今回試したジェイモあたりがいいかなーと思ってとりあえずジェイモを試してみました。

結果はこれも快適。今回は海で試しましたけど、十分使えます。スピードも個人的には十分だったんで、快適お手軽度で考えるとこれかなって感じです。

たぶん2馬力はそうとうスピード出ると思います。また(腰が治り次第)試す機会があればこちらもインプレします。

ただ、どれも細かいところ修正しないと使い辛い&危険なので、動力付けようと思ってる方はショップ等でよく確認したほうが良いですよ。

とりあえず簡単にメリット、デメリットをまとめておくので、参考になれば幸いです。

・エレキモーター 静かでクリーン。水上の静寂はカヤックならではの醍醐味。これを動力で味わえるのはエレキだけ。メカ的なノイズもほとんど無いので、魚へのプレッシャーも低い(エンジンに比べればたぶん)。個人的な欠点は重量。モーター自体も重いし、バッテリーは修行の域。走り回ればバッテリーは1日もたない(走り回る距離にもよりますけど)。ただ、淡水域ではわりとポピュラー動力で、バッテリー2個積みとかやってる人はいっぱいいます。

・ジェイモSP-1(2スト混合ガソリンエンジン) とにかく軽くてちっちゃくて簡単ポイって感じで好み。正直混合ガソリンは作るのめんどくさいから嫌なんですけど、このエンジン草刈機の汎用エンジンなんで、混合比が25:1で、ホームセンターで出来合いの1L缶入り(200円ぐらい?→追記訂正:近所のホームセンターで1L¥350、2L¥650ぐらいでした。よく行く人は携帯缶買って自分で作ったほうが断然安上がりです。ただ、携帯缶への給油してくれるスタンドは(セルフは不可)限られているので、事前に把握しておかないと面倒です。夜中や早朝は給油できないことが多いので、釣り行く直前に給油っていうのは注意が必要です。)がわりと何処でも手に入ります。で。これ一缶で1日遊べる(たぶん)。欠点は非力なのと音がうるさい。でも個人的にはどちらも許容範囲でOKでした。空冷なんでメンテも楽だし、いろいろ楽チン。カヤックの手軽さと合ってるような気がします。

・ホンダ2馬力(4ストガソリンエンジン) 数ある2馬力エンジンの中でも空冷(メンテ楽)、4スト(混合ガソリン作らなくていい)のお気軽度で人気のエンジン。フリーダムではまだ試したこと無いけど、ゴムボートに付いたそれを見る限り、フリーダムならそうとうスピード出ると思います(自制心を求められる程度に)。何人たりとも俺様の前は走らせない的ひとにはいいかもしれません。欠点は4ストだけど結局うるさい。重い大きい(ジャイモやその他2馬力と比べると)そして高い。まあでも比べればってはなしで、十分軽いし、安いって言えば安いですし、あとはお好みで。

・その他いろいろ、私の知る限りホンダの2馬力以外はインペラ有りの水冷エンジンなんで、ちょっとだけメンテが面倒。その分軽量、小型のものとかもあると思うので、好みだとは思いますけど・・・いずれにせよ、免許不要で船外機を付けて誰でも乗ることが出来ますが、船外機や海のルールの知識を持たずに海に出るのは危険です。初心者の方は最低限の知識は身に付けてから海に出ましょう。あとは、エンジンは(海での使用はとくに)メンテナンスも必要なので、その辺も知識がないと高く付きますよ。

問合せを頂いてお話を伺っていると、エレキのバッテリー持ったこと無い方とか、船外機使ったこと無い方とか結構多かったので、ご不明な点はお気軽にご相談ください。一応私これでもモーターガイドとマーキュリーのメカニック教習を受けて、免許皆伝?受けてます。すっかり忘れてるけど(笑)

おまけ
IMGP1406.jpg



2011/03/04 21:57 | Comments(0) | カヤックで釣り2011
不吉な予感。



あんまり迷信とか気にしないんですけど、出艇前、見事なまでに黒猫が前を横切ります。

おかげで様で、見事なギックリ腰になりました。推定年齢80歳ぐらいの動きで店番してますので、スローな動作も温かく見守ってください。

えっと、エレキのインプレもまだ終わってないんですけど、船外機(ジェイモSP-1)も試してきました。

とりあえず動画でもご覧ください。


2011/03/04 20:29 | Comments(4) | カヤックで釣り2011
反則技もしくは新技。


もうカテゴリーカヤックでいいのかどうか迷う。そもそもカヤックの定義ってなんだろうってwikiみたら大体想像通りだったんだけど、カヌーのカテゴリーの一部がカヤックなんですね。

まあ、それは置いといて、ご覧通りカヤックではありませんし、カヤック(にもなります)でもあります。

訳分かりませんね。

実はフリーダムカヤックスはオプションでモーターマウントキットがあるんです。

釣りガール:「えーカヤックにエレキって法的にどうなんですかー。」

私:「いい質問ですね」(池上彰風)

ご存知かもしれませんが、全長3m(実測3.3m)未満の船体は出力1.5kw未満(2馬力相当の)動力使用は免許が不要で、船舶検査も必要ありません。

これ、個人的にはあんまり賛成ではないんですけど、法律ではそういうことになってます。

釣りガール:「えーフリーダム12って全長367cmじゃないんですかー」

私:「いい質問ですね」(池上彰風)

実はフリーダム12の全長はアウトリガーを閉じた際のアウトリガーを含んだ全長で、船体(アウトリガー除く)は275cm(14は315cm)なんです。

つまりフリーダムカヤックスは免許、船検不要で動力(1.5kw未満)を使用可能なんです。
(輸入元が日本小型船舶検査機構へ船体を持ち込み確認を取っています。)
※14は未確認だけどたぶんOKかな。

そんな訳で、先日早速動力(エレキ)を付けて乗ってきました。

その様子はまた後日に。


2011/02/19 21:57 | Comments(0) | カヤックで釣り2011
台風がきた。


昨年日本のカヤックフィッシング界に上陸した大型台風ハリケーンカヤック。

このカヤックが何人のカヤックアングラーの腰痛を和らげたことか、軽いのは重量だけではありません。乗ってみれば体感できますが、とにかく漕ぎも軽い。正直漕いでて楽しいです。

軽さゆえのデメリットもあるんですけど、全てを許せる軽さがあります。

軽さは正義。

1日夢中で遊んだ人は実感できます。

俺も年をとったな・・・って方にはオススメです。

まだまだ若いものには負けないぞ。そんな気(空元気)にさせるカヤックです。

ハリケーンカヤック


2011/02/11 22:42 | Comments(0) | カヤックで釣り2011
今度は海賊。


皆さんご存知のバイキングカヤック。

一見プレデタープロフィッシュですが、実はプロフィッシュ45という別の艇です。

ややこしいですよね。いろいろと大人の事情でややこしかったんですけど、ちょっとスッキリして今後はプロフィッシュ45で継続です。

ただ、若干プレデタープロフィッシュと機能的に異なる部分があります。変更点はリヤのラゲージスペース(プレデターより狭い)とリヤハッチ(プレデターには無かった)、あとフットレストが標準で付きません(オプション設定あり)。

で、これは単純にラゲージスペースが狭くなっているのと、フットレストはあったほうが断然いいのでマイナス。

ただ、プラス面もあって、差し引きで結構プラスかもしれません。まずカラーオーダーが可能。ベースカラーが8色あるんですけど、このベースカラーを自由に組み合わせて、お好みのカラーオーダーが可能です。しかも追加料金無しで。納期も約1週間です。

あと、ちょっと暫定なんですけどスーパープライス¥132000税込みです。限定100台限りです。

脚漕ぎや、立ち乗りに比べるとスタンダードなカヤックなんですけど、結構特徴があって良い艇だと思います。船底がカタマランぽくて、結構流れに対して強いのと、直進性にも優れていて、幅があるわりにはスピードもそこそこ。センターコンソールもライブウェルやクーラーボックス代わりにするもよし、ドライボックスとしても使えます。結構容量で使いやすいです。フロントにも不要なハッチが無いので、シンプルで使いやすいです。内部に通ずるハッチも少ないので浸水もなく、安全性も高いです。

オリカラカヤックがオーダー可能で、この価格が続いている限りはかなり買いではないでしょうか。

バイキングカヤック プロフィッシュ45





2011/02/11 22:05 | Comments(0) | カヤックで釣り2011
鷹の次は海鳥。


またまたニューカマーのシーバードデザインよりカヤックフィッシングを意識したシットオントップカヤックが3タイプ発売予定です。いろいろと面白そうな機能がありそうなんですけど、いろいろと未定らしいので、ワクワクしながら続報を待ちましょう。

それにしてもカヤック購入しようと思ってる方は迷っちゃいますよね。

スタンダードなシットオントップカヤックも相当種類があるし、そこに軽量タイプのハリケーンやウルトラライト、脚漕ぎホビー、立ち乗りホーク・・・

何がオススメですかって聞かれると、私も迷っちゃいます(笑)

けして安い買い物ではないので、大いに迷って素敵な相棒を見つけてください。


2011/02/10 11:11 | Comments(0) | カヤックで釣り2011
スタンドアップフィッシングカヤック フリーダム12 インプレ。


かるく前フリしようと思ったら悪ノリして長くなってしまったので、前記事(はフィクションです。)と分けて、スタンドアップフィッシングカヤック フリーダム12のインプレです。

先ずはこのカヤックの最大の特徴は、分解できることでも、可変することでもありません。

船体にスタンドアップカヤックフィッシングとプリントされてあるとおり、立って釣りをすることを目的に作られたカヤックです。

ほんとに立って釣りが出来るのかってのが私的には最大の関心だったんですけど、私が普段浮いているフィールド(内房)でしたら、実用レベルでスタンドアップカヤックフィッシングが可能だというのが乗ってみた感想です。

安定感もさることながら、スタンディング時に体を添えることが出来るスタンディングバーのおかげで、十分立って釣りが可能だと感じました。

このバーが何気に便利で、立ったり座ったりするときはもちろん、離岸、着岸時にも大活躍でした。トイレやお風呂の手すりがありがたい、みたいな感じです(笑)ちなみにバーは常に立てた状態で漕ぎはOKです。

実際に立った状態で釣りの動作を試してみて感じたのは、当然ですが釣りやすいです。軽快に竿がしゃくれます。これ、ティップランエギングとかはめちゃくちゃやりやすいと思います。目線も新鮮です。スタンドアップパドルボードの楽しさが理解できました。

さて、立って釣りが出来るのは分かったので、その他もいろいろと試してみました。

先ずは漕ぎ。これは正直まったく期待してませんでした。当然デメリットとして折込済みだったせいか、アウトトリガーを閉じた状態では思いのほか快適でした。GPSで風、潮で流される速度が1km前後のコンディションで軽く漕いで5~6km、頑張ればもうちょっと速度で巡航ができました。ただし、アウトリガーを開いた状態だと1~2kmほど速度が落ちます。

アウトリガーは超簡単な操作(レバーの前後)で開閉が出来るので、移動時には閉じて、釣りをするときは開くといった使い方が可能です。

次に風や流れに対しての動き。これは予想以上に良かったです。直進安定性も。で、何でかなーと考えたんですけど、このカヤック喫水線が深い(で表現あってるかな?)んです。単純に喫水より出ている面積が少ないっていうのもあるんですけど、カヤック自体の沈みが深いから、風の影響を受けずらいんだと思います。(もしかしたら潮の影響は受けやすいのかな?)それが直進性にもつながっていると思います。写真撮ってもらった時に、前がすごい浮いてるように見えるって言われたんで、風吹いたら(行きたい方向に)まっすぐ進まないないんだろうなーって思ってたら、見透かされたように帰り際強風に見舞われて(笑)、覚悟を決めたんですけど、あれって感じで、横風受けてもまっすぐ進むのが不思議でした。で、後から横撮り画像見てあんなに喫水線深かったんだと。ただやっぱり風が吹くと漕ぐのはしんどかったです。久しぶりに手漕ぎ乗ったのと、12フィートっていうのと、船体幅考えると致し方ないですね。そんな訳で着岸時に多少波がブレイクしていたので、せっかくだから一番のビックウェーブを狙ってアウトリガーを開いたまま着岸しましたけど、すばらしい。ひっくり返る気がしない。

艇自体は全体的にしっかりとした作りで、気になっていた稼動部分も非常に安心感のある作りです。実際に使ってみて、釣り人として作り手の意図が伝わってくる作りは感心させられました。

ちょっと気になった点としては、アウトリガーは簡単に取り外しも行えるんですけど、取り外さないと持ち運びは結構重いです。私みたいに色男で力が無い人は都度ばらすか、ドーリーがあったほうがいいと思います。

フットレストもちょっと頼りなくて、漕ぐときに脚が踏ん張りずらく、シートも含めて要改善と感じました。持ち運びのハンドルも追加したほうがいいと思います。まあ、どれも簡単に改善できると思うので、そんなに気にする部分ではないかもしれませんけど。

最後に、価格ですが12フィートで¥125000税込みとなります。これは正直安いと言うのが感想です。

唯一無二の特徴をもった面白い艇だと思いますので、いろいろな使い方があるかもしれません。興味がある方は是非店頭でご覧になってみてください。

以上、たかだか1~2時間乗っただけで、えらそうにインプレしてみました。

あと、この艇は反則技が用意されています。それはまた機会を見つけて試してきますのでお楽しみに。

フリーダム12



2011/02/08 23:06 | Comments(1) | カヤックで釣り2011
スタンドアップカヤックフィッシング誕生秘話(アメリカンドリーム)



立てーっ!立つんだジョーーーー。

幼少のころにあしたのジョーを見て感動し、男子たるもの立ってなんぼと感銘を受けた少年ホーク。

大人になったホークは幾多の困難に倒されては立ち上がり、倒されては立ち上がり、いつしかウォール街で一目置かれるトレーダーに成長しました。

そんな絶頂期のホークに大外刈りで足元をすくわれるような事件がおこります。


・・・・・リーマンショック。

常に上を向いてあるく坂本九スタイルが信条のホークにとっては、まさに足元をすくわれ後頭部を縁石に強打して瀕死の状態に追い込まれます。

そんなホークを励まそうと内縁関係にあった日系二世ナツコ・デラックス(男性)がダイエットのためにはじめた趣味のカヤックフィッシングに誘います。

カヤックに乗ったホークはまさに水を得た魚でした。後頭部に作ったタンコブなど無かったかのように大海原を漕ぎ回り、次々に大物魚を釣り上げカヤックフィッシングにのめり込んでいきます。ただ、のめり込めばのめり込むほど、不満を抱える自分に気づきはじめました。


後にホークはCNNのインタビューにこう語っています。

ホーク:「とにかく楽しかったよ。ただ、どうしても座ったままっていうのが我慢できなかったんだ。耳を澄ませば聞こえて来るんだよ丹下オヤジの声が・・・『立つんだホークっ!』ってね。なんで世の中には立って釣りを出来るカヤックが無いんだろう。そうだ!ないのなら作ればいいじゃないか!そのときはワカサギを釣りに行ってたんだけど、鱗が手にいっぱいついちゃって、その手で目を擦ったら目に鱗が入ちゃって、涙が止まらなくて、ようやく目から鱗が落ちたところだったんだよ(笑)(アメリカンジョーク)」

自らの言葉に導かれるようにフリーダムホークカヤックスを立ち上げ、苦労の末誕生したのが『スタンドアップ・フィッシングカヤック フリーダム12&14』です。発売されると瞬く間にEDに悩む中高年カヤックアングラーから絶大な支持を受け、全米で大ヒットを遂げたフリーダム12&14。

ホークは成功の秘訣をこう語っています「やっぱり男は立たなくちゃね。」


最後にインタビューの最中にカヤックフィッシングの魅力を語ったホークの言葉を紹介します。

ホーク:「(カヤックに初めて乗ったとき)自由を感じたんだ。カヤックに乗ったボクは、鳥や魚たちと同じ自由を手に入れたんだ。君は大空や大海原を、飛び回ったり泳ぎ回ったりしたいと思ったことはないかい?」

インタビュアー:「もちろんあります。」

ホーク:「だったら今すぐカヤックを手に入れるべきだ。フリーダムホークカヤックをね( ^,_ゝ^)」


語り手:ホークカヤックス代表 ホーク長友
聞き手:吉田豪


※フィクションです。


2011/02/08 18:38 | Comments(0) | カヤックで釣り2011

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]